整体は医療費控除の対象になるかを徹底解説します

治療者が誰なのか、治療であるかがポイントです

毎年、確定申告の時期になると「整体の施術は医療費控除の対象になりますか」といった質問が増えてきます。このページでは医療費控除に関してできるだけわかりやすくまとめていますので、ご覧になって確定申告にお役立てださい。

ポイントは『どこ』で施術したかではなく、『だれ』に施術してもらったかが重要であり、『治療』であるかということが医療費控除に該当するかには重要です。

整体院は医療費控除の対象になるか?

理学療法士が整体師として開業している整体院

最近、理学療法士が開業している整体院が増えていますが、『理学療法士は病院でかつ医師の指示のもと理学療法を提供する』という法律があります。そのため理学療法士が開業している整体院は、理学療法を提供しているのではなく、整体師として整体院を開業して民間療法を提供しているということになります。

理学療法士が整体師として開業している整体院である場合、施術費は医療費控除の対象外です。

整骨院・接骨院は医療費控除の対象になるか?

柔道整復師が開業している整骨院・接骨院および整体院

ギックリ腰、骨折、脱臼、捻挫などは健康保険を適用しない自由診療の場合でも、治療目的が明らかであるため医療費控除の対象となります。

一方で、①肩こりや腰痛のような慢性症状、②健康維持、③姿勢矯正、④日常生活における疲労回復、⑤リラクゼーション、⑥過去の怪我の後遺症、⑦整形外科や病院などで治療が重複している、⑧治癒見込みのない症状の施術などは、全て医療費控除の対象外になります。

マッサージ店は医療費控除の対象になるか?

街中にある全身もみほぐし系のマッサージ店やアロママッサージ、リンパマッサージは施術者が民間資格であるため医療費控除の対象外になります。

一方でほとんどないと思いますが、医師や柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師が、治療目的で施術しているのあれば医療費控除の対象になります。その際、傷病の治療である根拠が必要であり傷病名が記された領収書などの保管が必要になります。

医療費控除の対象になるもの(治療の他に)

医薬品類

医師が処方し処方箋が作成されているビタミン剤や漢方薬湿布薬医療費控除の対象で、市販の風邪薬や下痢止めも対象となります。

包帯などは医薬品類であるため医療費控除の対象となります。

サポーター

病院やクリニックなどで処方される腰痛ベルトや膝サポーターなどは、治療として用いられるということが明確であるため、医療費控除の対象になります。

一方でスポーツ用品店で購入したサポーターは、医師が処方したといった裏付けがなく、治療よりも予防や健康維持の要素が強くなるため注意が必要です。

運賃・交通費

病院やクリニック、接骨院などへの通院に利用したバスや電車の運賃医療費控除の対象となりますので、運賃が発生したことが明確になるように領収書を保管しておきましょう。公共交通機関で領収書がない場合は、通院日時や運賃などをメモしておきましょう。

稀に『寄り道した場合は控除対象になるのか?』という質問がありますが、厳密にはご自宅から病院や接骨院までの経路で寄り道をしないことや同一の経路であることが重要になってきます。万が一、寄り道をしなければならない場合には、一定の乗降車場所でルートが変わらないように通院することが好ましいかと思われます。

寄り道やルートの違いがあったと仮定して、それを医療費控除に含めて申告したとしても、税務署は申告の全てを確認することはしていないため、申告は通るかと思いますが厳密には不正申告かと思われます。

また自動車での通院は、ルートや運賃などの記録が残らないため対象にはなりません。タクシー・バス・電車などの交通機関を利用しましょう。

医療費控除の対象にならないもの

サプリメント や 栄養補助食品

サプリメント(栄養剤)や栄養補助食品などは、治療という観点ではなく予防にあたるため、医療費控除の対象外ですが、セルフメディケーション税制対応のロゴマークがパッケージに記されていれば医療費控除の対象になります。

その他

市販の目薬、市販の漢方薬、育毛剤や増毛剤、市販の湿布医療費控除の対象外です

生命保険を使用した場合は?

事故などで怪我をして生命保険などで保険金が支払われた場合で、保険金分を差し引いた時に治療費よりも多くなるため実質負担がないため医療費控除は対象外です。逆に、保険金分を差し引いて治療費の方が多い場合は医療費控除の対象です。

例)事故で治療費が30万円かかり、保険金が50万円支払われた  →  医療費控除は対象外

よりそい整体院は医療費控除できる?

よりそい整体院は国家資格を持ったセラピストが施術をしておりますが、理学療法士免許を持っているため、整体師としての施術サービスの提供になります。残念ながら、よりそい整体院の施術は医療費控除の対象にはなりませんので、ご注意お願いいたします。

他の整体院との違い

まず初めにお客様にご認識いただきたいこと、それは『当整体院は1回の施術で完治するといった治療院ではない』ということです。勿論1回の施術で解決できれば良いのですが、お客様のお身体の状態のよっては、繰り返し施術後に痛みが出てきてしまうことがあります。

元々、人間には元に戻ろうとする力が備わっていて、今までの悪い状態に戻そうとする力も働いています。その力を急激に無くそうとすると、施術の快方への力とは反発するようにトラブルが出ることがあります。

そのため当整体院では、適切な順序で柔軟性を高めていきつつ、正しい動きを獲得するようにして施術を進めていきます。継続して繰り返し施術を受けていただくことで、反発することなく戻る力を弱めることが、最終的には解決に向かうことができると考えています。

また時間をかけて施術を受けていただくことのメリットとして、「どのような条件で不調が出てくる」「〇〇を意識していると良い状態が継続されやすい」など、お客様自身でお身体の特徴を理解できるようになると同時に、セラピストとのやりとりを繰り返することでセルフケアの精度が向上します。

カウンセリングは時間をかけて丁寧に行います

身体を触る前に、施術の道筋を明確にするため、カウンセリングを時間かけて行うことを心がけています。

過去にご来店されたお客様からは「こんなに細かいところまでしっかりと話を聞いてくれるところはなかった」と感想をいただくことがあります。

確かに、病院やクリニックでは短時間でたくさんの患者様を対応されており、物理的にカウンセリングに時間をかけることができないからです。

しかし、カウンセリングを綿密にすることでお客様自身では気づいていない原因が見つかったり、長期的には改善への糸口が見つかる可能性が高いため重要です。

ここだけの話ですが、長い時間を施術に充てるため、短いカウンセリングだけで施術をしていたことがありましたが、あまり結果は良くありませんでした…。カウンセリングの時間をしっかりと確保するほど施術結果が良いことに気付いたんです。笑

ご予約

ご予約を取る方法がいくつかありますので、お客様が普段ご使用されている方法でご連絡をお願いします。

① お電話

スマートフォンでこちらの電話番号をクリック→ 050-3746-2588

施術中でお電話に出られない場合がありますが、折り返しお電話させていただきます。

※電話アプリが起動しない場合は、電話番号をコピーして貼り付けてください

② LINE

手順1. 下の公式LINEアカウントをクリックするとLINEが起動しますので、お友達追加ボタンをクリックしてください。

https://line.me/R/ti/p/%40spp0713j

手順2. 追加ボタンをクリックした後、トーク画面を開いて、左下のボタンを押しメッセージを送ってください。

③ ネット予約

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/n9p0o8

※ ご予約を成立させるためには会員登録が必要になりますが、メニューや予約枠の確認が可能です。

④ お問合せフォーム

https://yorisoi-seitai.com/contact/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。